(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-1

  • ごろねこ
  • 2017/08/11 (Fri) 22:17:19
今回から、ラジオドラマという枠を外して、ラジオ、TV、映画のまんが化(もしくはその逆)になっている別冊付録まんがを、アトランダムに紹介していきます。

●『まぼろしの馬』(島耕二・原作、鈴木光明・絵)
「なかよし」1956年2月号付録・36ページ(読切まんが)

『幻の馬』1955年大映、監督・島耕二、主演・若尾文子・北原義郎
まんが版には原作が島耕二とあるが、大映の当時の社長・永田雅一の持ち馬の名馬をモデルにして、長谷川公之が脚本を書いたという。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-2

  • ごろねこ
  • 2017/08/12 (Sat) 22:20:05
●『次郎物語(前編)』(下村湖人・原作、オオトモヨシヤス・絵)
「なかよし」1955年11月号付録・36ページ(連載まんが)

原作は下村湖人の小説。1941年から1954年にわたって第5部まで書かれたが、55年に作者が逝去し、未完の作となった。第7部まで構想されていたらしい。
このまんがは第1部のみのまんが化。
「この物語は、下村湖人先生の書かれた有名なお話です。生まれたとき、体の弱かった次郎は、お浜ばあやに預けられ、やがて自分の家に連れ戻されました。けれども次郎は、その家が自分の本当の家のような気がしないままに大きくなりました。みなさんも、この物語を読んでいくうちに、きっと次郎のかなしみやよろこびに、胸を打たれるでしょう。」

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-3

  • ごろねこ
  • 2017/08/13 (Sun) 22:14:08
●『次郎物語(後編)』(下村湖人・原作、オオトモヨシヤス・絵)
「なかよし」1955年12月号付録・36ページ(連載まんが)

最初の映画化は、1941年、島耕二監督による日活作品。
このまんがは、1955年の、清水宏監督の新東宝作品の公開に合わせてまんが化されたもの。55年版もこのまんがも、41年版と同じく母の死までを描く第1部のみを描いている。
なお、後に1960年に二部作として第4部までが、1987年には再び第1部が、それぞれ映画化されている。
TVドラマは、1956年に日本テレビ、1964年にNHKで放送されている。とくに池田秀一が次郎を演じたNHK版は、66年まで2年間も放送された。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-4

  • ごろねこ
  • 2017/08/14 (Mon) 22:23:16
●『豹(ジャガー)の目』(湯川久雄)
「少年クラブ」1956年4月号付録・52ページ(読切まんが)

原作表記はないが、高垣眸が「少年倶楽部」に連載した冒険小説。単行本は1928年に刊行されている。
映画『豹の目』は、1956年に鈴木重吉監督、北原義郎主演で大映から公開された。このまんがは映画公開より少し遅れてはいるが、映画の人気に合わせたものだろう。
なお1959年から60年に、大瀬康一主演でTVドラマとしても放送された。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-5

  • ごろねこ
  • 2017/08/15 (Tue) 22:30:01
●『コロの物語』(乾信一郎・原作、カゴ直利・まんが)
「日の丸」1958年5月号付録・68ページ(連載まんが)

ラジオドラマ・NHK連続放送劇
「お母さんを探しに町に出て、妹のチビと別れ別れになってしまったコロは、貧しいけれど心の優しいおっさんに拾われました。コロの身の上には、もっともっと色々なことがおきてきます。」

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-6

  • ごろねこ
  • 2017/08/16 (Wed) 22:05:39
●『コロの物語』(乾信一郎・原作、夢野凡天・絵)
「たのしい二年生」1959年2月号付録・68ページ(連載まんが)

「コロの物語 主題歌」(作詞・作曲・小林秀雄)
♪お父さんは青い雲 いつもそっと見てるよきっと
 お母さんはそよぐ風 いつもそっとささやくきっと(以下略)
まんが単行本は鈴木出版から全4集が刊行。第1集のみ永島慎二、第2集以降は工藤市郎が執筆。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-7

  • ごろねこ
  • 2017/08/17 (Thu) 22:04:24
●『若さま侍捕物帖』(城昌幸・原作、村松道平・脚本、湧井和夫・絵)
「おもしろブック」1957年11月号付録・52ページ(読切まんが)「東映時代劇シリーズ第一回」。

映画『若さま侍捕物帳/鮮血の人魚』(深田金之助・監督、大川橋蔵・主演、1957年公開)のまんが化。
小説は1939年に第1作が発表され、以降300作ほど書かれた。小説のタイトルは『若さま侍捕物手帖』。TVドラマ化の場合に、本来のタイトルを使う場合もあった。
1950年から53年まで、新東宝が4作を映画化。黒川弥太郎、坂東鶴之助が、それぞれ2作ずつ主演した。1956年から東映が大川橋蔵主演で10作を製作し、『鮮血の人魚』はその6作目に当たる。また、その後、何度かTVドラマ化もされた。
「ご存じ若さま侍・大川橋蔵の、胸のすくべらんめえさばき!! 花の大江戸八百八町の名物両国川開きに、突如起こった怪事件……人、人、人が倒れていく。だが、その陰に踊る、蘭学者了巴とは……。事件は謎を秘めていく」。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-8

  • ごろねこ
  • 2017/08/18 (Fri) 22:27:34
●『はやぶさ奉行』(陣出達朗・原作、高岩肇・脚本、湧井和夫・絵)
「おもしろブック」1958年1月号付録・52ページ(読切まんが)「東映時代劇シリーズ第三回」。

映画『遠山の金さん・はやぶさ奉行』(深田金之助・監督、片岡千恵蔵・主演、1957年公開)のまんが化。
小説は陣出達朗。多く、映画・TVドラマ化されているが、片岡千恵蔵が遠山金四郎に扮する映画は、1950年の『遠山の金さん・いれずみ判官』(前後編)を第1作として全17作ある。『はやぶさ奉行』はシリーズ第10作目に当たる。
「ご存じ遠山の金さんが、江戸の大工殺しを次々とたどり、ついに、江戸家老虎姫の悪だくみを裁く痛快編!!」。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-9

  • ごろねこ
  • 2017/08/19 (Sat) 22:04:10
●『ひざくら大名』(山手樹一郎・原作、斉木祝・脚本、山田常夫・絵)
「おもしろブック」1958年3月号付録・36ページ(読切まんが)「東映時代劇シリーズ第五回」。

映画『緋ざくら大名』(加藤泰・監督、大川橋蔵・主演、1958年公開)のまんが化。脚本の斉木祝とあるのは加藤泰のこと。
「お姫さまがさらわれた。北條五万石のお家騒動をめぐって、正義の若殿・松平千代太郎がついに立つ!! 江戸八百八町に今宵も血の雨が降る……」。

別冊付録まんが・メディアミックス(2)-10

  • ごろねこ
  • 2017/08/20 (Sun) 22:14:14
●『木曽の火まつり』(正岡容・原案、蓮池義雄・脚本、和知三平・絵)
「日の丸」1959年新年号付録・36ページ(読切まんが)

映画『次郎長意外伝・灰神楽木曽の火祭』(青柳信雄・監督、小野田勇・永六輔・蓮池義雄・共同脚本・三木のり平・主演・1958年公開・東宝)のまんが化。
「街道一の親分の次郎長さんにいろいろたくさん手下はいるが、強いのばっかしそろっちゃいない。中にゃまぬけな奴もいるぜ。ドジで、臆病な泣き虫野郎。今が世までも名を残す、灰神楽の三太郎の木曽の火祭り物語!!」。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-1

  • ごろねこ
  • 2017/07/22 (Sat) 22:12:12
今日から別冊付録まんがを紹介しよう。実写映画をまんが化した作品を紹介しようと思ったが、その前にラジオドラマまんがを探してみる。もっともラジオドラマが映画化されたものもある。
50年代のラジオドラマといえば、大人向けでは『君の名は』、子供向けでは『赤胴鈴之助』などが有名だろう。私は60年頃にいくつかのドラマを聴いていて、今でも何となく雰囲気は覚えているが、具体的に何という作品だったかは忘れてしまった。

●『紅孔雀』(北村寿夫・原作、宮坂栄一・絵)
「少女ブック」1954年11月号付録・108ページ

NHK連続放送「新諸国物語」
北村寿夫のラジオ時代劇シリーズ。
『白鳥の騎士』(52年)、『笛吹童子』(53年)、『紅孔雀』(54年)、『オテナの塔』(55年)、『七つの誓い』(56年)、『天の鶯』(59年)、『黄金孔雀城』(60年)、『紅衣無法門』(79年)の正編に、『新笛吹童子』『三日月童子』『霧の小次郎』『風小僧』の外伝がある。それぞれまんが化、小説化、映画化、TV化された作品もあるが、『天の鶯』『紅衣無法門』のまんが化作品は情報としても確認していない。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-2

  • ごろねこ
  • 2017/07/23 (Sun) 22:15:25
●『紅孔雀(第2集)』(北村寿夫・原作、宮坂栄一・絵)
「少女ブック」1955年2月号付録・116ページ

「少女ブック」の宮坂版『紅孔雀』は第3集まであるらしい。

映画『紅孔雀』(東映京都)
54年年末から55年正月にかけて、5部作を3部に分けて公開。
(監督)萩原遼(音楽)福田蘭童
(出演)中村錦之助、高千穂ひずる、東千代之介、大友柳太朗
〔このシリーズの映画版〕
『白鳥の騎士』(53年・新東宝)
『笛吹童子』(54年・東映京都・3部作)
『オテナの塔』(55年・宝塚映画=東宝・前後編)
『七つの誓い』(56-57年東映京都・3部作)
風小僧シリーズ3作『風雲虹ケ谷』『風流河童剣』『流星剣の舞』(60年・第二東映京都)

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-3

  • ごろねこ
  • 2017/07/24 (Mon) 22:09:55
●『紅孔雀』(北村寿夫・原作、竹本敏太郎・絵)
「幼年ブック」1957年7月号付録・40ページ
裏表紙に1ページまんが『紅孔雀』(カゴ直利)

TV版
『新諸国物語 紅孔雀』(61年~62年・NET〈現在のテレビ朝日〉)
30分番組・(出演)沢村精四郎
『新諸国物語より紅孔雀』(78年~79年・NHK)
15分番組・人形劇・(声の出演)三波豊和

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-4

  • ごろねこ
  • 2017/07/25 (Tue) 22:10:57
●『笛吹童子』(北村寿夫・原作、和家治夫・江原比佐夫・脚本、益子かつみ・まんが)
「少年画報」1960年八月号付録・52ページ(連載まんが)

これはラジオ(53年)、映画(54年)ではなく、最初のTV放送に合わせたまんが化。
『笛吹童子』1960年5月~12月全35話・NET(現在のテレビ朝日)・主演・北大路欣也
♪ひゃら~り、ひゃらりこ、ひゃり~こ、ひゃられろ、という主題歌は、ラジオもTVも同じらしい。
TV版は後に以下のものも作られる。
1972年~73年『新諸国物語 笛吹童子』TBS・主演・岡村清太郎
1977年~78年『新諸国物語より笛吹童子』(人形劇)NHKがある。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-5

  • ごろねこ
  • 2017/07/26 (Wed) 22:10:23
●『メラピ王国の最後』(北村寿夫・原作、石井治・絵)
「少年」1955年8月号付録・68ページ(読切・絵物語)

55年はラジオも映画も『オテナの塔』の時期。
「少年」ではこの時期(4月号から?)『新紅孔雀』を連載中であり、8月号に、『紅孔雀』の前日譚(『紅孔雀』に登場する那智の小四郎の先祖・那智小太郎、霧の小次郎の先祖・桐野大二郎などが活躍する)ともいうべきこの読み切り作品を付録につけた。『新紅孔雀』が『紅孔雀』と同内容、もしくは一部分なのかは不明だが、新作ではないだろう。ラジオ放送中の『オテナの塔』よりも前年放送の『紅孔雀』のほうが人気があったので、前年の作品ながら「新」として連載したのだろうか。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-6

  • ごろねこ
  • 2017/07/27 (Thu) 22:10:01
●『風小僧』(北村寿夫・原作、真弓典正・脚本、寺内鉄雄・絵)
「少年画報」1959年11月号付録・36ページ
※「悲剣呼子鳥の巻」(連載まんが)

『風小僧』は『紅孔雀』に登場する風の小六を主人公にしたスピンオフ作品。ラジオドラマではなくTVドラマだが、関連作なので挙げておこう。58年から西日本放送で放送開始。関東では日本教育テレビ(NET=現・テレビ朝日)が59年より放送開始。放送時期、放送話数は各局によって異なる。
NETでは、毎週火曜夜7時からの30分番組として、三洋電機提供で48話が放送された。実際には全52話あり、局によって放送話数は異なるらしい。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-7

  • ごろねこ
  • 2017/07/28 (Fri) 22:27:49
●『風小僧』(北村寿夫・原作、真弓典正・脚本、寺内鉄雄・絵)
「少年画報」1960年新年号付録・52ページ
※「山岳の幽鬼の巻」(連載まんが)

TV版では
13話までが第一部(小六の少年時代を描き、目黒ユウキ〈現・祐樹〉が演じる)
14話からが第二部(成人した小六の活躍を描き、山城新伍が演じる)
まんがは、
横山光輝が「冒険王」に59年2月号から5月号まで連載した版が、
滅びた煙が嶽城主・鏑木氏勝の一子・小六が敵を討ち、城主に戻るまでを描き、
寺内(植木金矢)版は59年8月号から60年2月号まで連載し、城主小六が風小僧として様々に活躍する姿を描く。

映画版はTV版を再編集したもので、1時間弱の映画が25作あり、CS「東映チャンネル」で時々放送されていたが、DVD・BOXとしても発売された。ただ、すべてが劇場公開されたかどうかは不明で、キネマ旬報のデータでは、60年に『風雲虹ケ谷』『風流河童剣』『流星剣の舞』の3作が公開されたとある。他の作品も、子供映画の併映作として上映されたかも知れない。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-8

  • ごろねこ
  • 2017/07/29 (Sat) 22:11:49
●『三日月童子』(北村寿夫・原作、夢野凡天・漫画)
「冒険王」1955年2月号付録・108ページ(読切まんが)

映画版『笛吹童子』(第一部・どくろの旗、第二部・妖術の闘争、第三部・満月城の凱歌=すべて54年)の姉妹編として、映画『三日月童子』(第一部・剣雲槍ぶすま、第二部・天馬空を往く、第三部・萬里の魔鏡=すべて54年)が作られた。『三日月童子』はラジオやTV版はないようだが、「新諸国物語」のスピンオフ作品なので、ここに挙げておく。三日月童子役は東千代之介。さらに54年には『霧の小次郎』(第一篇・金龍銀虎、第二篇・魔術妖術、完結篇・三日月童子)が作られ、霧の小次郎(大友柳太朗)と三日月童子の妖術合戦が繰り広げられる。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-9

  • ごろねこ
  • 2017/07/30 (Sun) 22:02:52
●『黄金孔雀城』(北村寿夫・原作、三島みちひこ・絵)
「少年ブック」1960年9月号付録・36ページ(連載まんが)

NHKラジオ連続放送劇・毎日(月~金)午後5時45分から放送。

映画『新諸国物語 黄金孔雀城』(61年・東映京都・4部作〈2、3部は同時公開〉)
(監督)松村昌治
(出演)河原崎長一郎、山城新伍、里見浩太郎、吉田義夫
映画版には姉妹編として『新黄金孔雀城・七人の騎士』(61年・東映京都・3部作)があり、そちらも一応北村寿夫原作となっている。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-10

  • ごろねこ
  • 2017/07/31 (Mon) 22:16:31
●『ジャジャ馬くん』(関谷ひさし)
「冒険王」1960年5月号付録・68ページ(連載まんが)

『ジャジャ馬くん』の連載は、1958年新年号から1963年12月号までの6年間。その後、続編(プロ野球を引退した天馬竜平が、球団の監督になる)『ジャジャ馬球団』となって66年まで続いた。
ラジオドラマ化は60年とデータがあるが、私の所有している付録本では5月号に「大評判放送中」と書いてあるのが最初。1月、もしくは4月から放送が始まったのだろうか。ほとんど全国で聞けると書いてある。たとえば、関東地方はラジオ東京(現・TBSラジオ)で土曜のほか毎日午後6時35分から10分間。関西地方は大阪朝日放送で月曜から金曜は午後5時25分から10分間、土曜は5時10分から10分間とある。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-11

  • ごろねこ
  • 2017/08/01 (Tue) 22:11:17
●『ジャジャ馬くん』(関谷ひさし)
「冒険王」1961年7月号付録・36ページ(連載まんが)

私が所有している付録で「東京放送ほか18局で大人気放送中」と書いてあるのはこれが最後。少なくとも1年以上は放送されていたらしい。
「ジャジャ馬くんの歌」(作詞・佐野美津男、作曲・山本直純)
♪青い空みりゃ勇気がわくぞ
 それ行け ジャジャ馬
 ぼくらのエース(以下略)

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-12

  • ごろねこ
  • 2017/08/02 (Wed) 22:16:09
●『少年No.1(ナンバーワン)』(関谷ひさし)
「少年ブック」1961年新年号付録・52ページ(連載まんが)

『少年No.1』の連載は、1960年1月号から63年5月号まで。
ラジオドラマの放送期間は不明だが、この(61年1月の)時点で放送されていたので、『ジャジャ馬くん』と放送期間が重なることになる。しかも、どちらもラジオドラマのまんが化ではなく、まんがのラジオドラマ化だというところがすごい。
関東地方は東京放送(現・TBSラジオ)で午後6時5分より、関西地方は朝日放送で午後6時20分より、月曜から土曜の毎日20分間放送。提供は森永製菓。
「少年No.1の歌」(作詞・河野詮、作曲・渡辺浦人)
♪ぐんと踏むアクセル かるく握ったハンドル
 街がとぶ 森がとぶ 流れる流れるハイウェイ(以下略)

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-13

  • ごろねこ
  • 2017/08/03 (Thu) 22:07:47
●『ゼロの秘密』(高橋昇之助・原作、川崎のぼる・まんが)
「少年ブック」1960年12月号付録・36ページ(連載まんが)

ラジオ東京連続放送劇。興国化学提供。
1960年8月から62年1月まで1年半にわたって放送。
毎日(月曜~土曜)午後25分から10分番組。
「ゼロの秘密 主題歌」(作詞・高橋昇之助、作曲・宇野誠一郎)
♪(前略)結社ゼロ 結社ゼロ
ゼロの秘密を 探り出せ

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-14

  • ごろねこ
  • 2017/08/04 (Fri) 22:09:20
●『ゼロの秘密』(高橋昇之助・原作、川崎のぼる・まんが)
「少年ブック」1961年7月号付録・36ページ(連載まんが)

世界征服を目的としている秘密結社ゼロは、秀川博士が平和のために作っている宇宙船を奪おうと狙い始めた。秀川博士とスタンレー教授は、ゼロに捕らわれてしまった。博士の息子の勇くんと探偵屋ノブさんは博士たちの行方を追って、ゼロと戦うのだった。
(登場人物)
冒険好きの快少年・勇くん/探偵屋ノブさん/自衛隊隊員・仙川英太郎/原子力科学者・秀川博士/博士の娘・じゅん子ちゃん/ゼロの部下・十三号/十七号 他

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-15

  • ごろねこ
  • 2017/08/05 (Sat) 22:32:26
●『とびだせ英二』(山中峯太郎・原作、小林一夫・絵)
「おもしろブック」1958年7月号付録・52ページ(連載まんが)

文化放送連続放送劇・東鳩東京製菓提供
午後5時35分から放送。
雑誌のまんが化は、「冒険王」の金田光二版もある。
また、曙出版から1958年7月に南あかねの絵で『とびだせ英二!!』の単行本(全2巻)も刊行された。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-16

  • ごろねこ
  • 2017/08/06 (Sun) 22:08:25
●『とびだせ英二』(山中峯太郎・原作、小林一夫・絵)
「おもしろブック」1958年10月号付録・52ページ(連載まんが)

緒方博士の発明した原子放射線発生機の模型を、黒星博士率いる黒星団が奪った。博士がおじに当たる万国英二とゆり子の兄妹は、模型を奪い返そうと一味の巣窟に乗り込むが、罠にかかったゆり子が捕らわれてしまう。英二は、一味の基地であり兵器である「貝殻島」に潜入する。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-17

  • ごろねこ
  • 2017/08/07 (Mon) 22:16:47
●『エンゼルの秘宝』(司忠彦・原作、佐賀たけお・絵)
「少年画報」1959年4月号付録・36ページ(連載まんが)

1959年新年号から7月号まで連載
ラジオ東京ほか全国で放送。森永製菓提供

今から七百五十年前東支那海を荒らし回って金銀財宝をかすめとる日本船団があった。これを八幡船(ばはんせん)といって、人々から大変恐れられていた。草刈次郎少年と宗像みどりの二人は、八幡船の首領安芸八郎が、隠したと伝えられる「エンゼルの秘宝」を探して、九州は長崎の五月寺を訪ね、怪しい洞窟に入っていった。すると、二人の行く手に、ぶきみな骸骨が……。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-18

  • ごろねこ
  • 2017/08/08 (Tue) 22:18:57
●『アパートちゃん』(小崎政房・原作、三木一楽・絵)
「少女ブック」1956年12月号付録・102ページ(読切まんが)

ニッポン放送連続放送劇
まんが化作品は、集英社おもしろ漫画文庫から三冊出ており、松沢のぼるが絵を担当している。松沢版は「小学三年生」にも掲載したらしい。「小学四年生」の滝沢みち子版も含め、すべて集英社の本・雑誌への掲載だが、「少女クラブ」(講談社)には寺尾知文が描いていた。
この三木版では、アパートちゃんたちと、サーカスの少女・弓子とマリとの出会いと別れを描く。

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-19

  • ごろねこ
  • 2017/08/09 (Wed) 22:18:45
●『アパートちゃん』(滝沢みち子)
「小学四年生」1956年12月号付録・52ページ(連載まんが)

ラジオで、いま大活躍をしているアパートちゃんは、おとうさんやおかあさんと三人で近代的なアパートに住んでいます。このまんがは、アパートちゃんが、仲良しの善太ちゃんや、いたずらっこの段平ちゃんと、元気に活躍するお話です。
収録エピソード:「きずついた鳩」「じゅうどうのおねえさん」「おかしなかみしばい」

別冊付録まんが・ラジオドラマ編(1)-20

  • ごろねこ
  • 2017/08/10 (Thu) 22:16:58
●『秘密の魔笛』(玉川一郎・原作、カゴ直利・絵)
「少年クラブ」1956年7月号付録・68ページ(読切まんが)

ラジオ東京(現・TBSラジオ)放送
これは今から三百年ほど前、南の国のセレベスに起きた、日本人の子孫、少年バンダの勇ましい物語である。その頃、日本は徳川三代将軍の天下で、平和になった日本には、武士の活躍するところが少なくなっていた。それで心ある武士は、海をわたって、はたらき場所を外国に見つけた。そこで日本に帰れなくなった多くの人たちは海賊となり、中国や南の島々を暴れ回り、和寇と恐れられたのである。だが、日本人の誇りを捨てない人たちは、その土地に落ち着いて、その島のためになることを教えた。こういう立派な日本人もいたのである。この男を島の人はバンダユー(万太夫)と呼んだ。バンダユーはこの島のために酋長になった。バンダユーは強いばかりでなく、優しい日本の武士だった。そのバンダユーを父にもつ少年が生まれたのだ。その少年の名を……。

貸本アンソロジー誌(8)-1

  • ごろねこ
  • 2017/07/02 (Sun) 22:09:56
●「三つの花びら」(3)
1960年頃・東邦漫画出版社刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『雪ぞらはれて』(赤松セツ子)
『ひとみちゃん』(花房みどり)
『ともしび』(寿美加寿代)
(表紙)おかだ・あきら(扉・目次)しき・はるみ

貸本アンソロジー誌(8)-2

  • ごろねこ
  • 2017/07/03 (Mon) 22:08:32
●「刑事(デカ)」№41
1964年10月20日・東京トップ社刊・200円・本文144ページ
(収録作品)
『流れ弾の道』(さいとう・たかを)
『勝手な奴』(沢田竜治)
『酔いどれ天使』(影丸譲也)殺人課シリーズ第5話
『古い傷』(南波健二)
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(8)-3

  • ごろねこ
  • 2017/07/04 (Tue) 22:08:18
●「刑事(デカ)」№42
1964年12月20日・東京トップ社刊・200円・本文144ページ
(収録作品)
『ガラスの顔』(さいとう・たかを)
『陽だまり,』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語・その28
『傷だらけの若き獣たち』(影丸譲也)殺人課シリーズ第7話
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(8)-4

  • ごろねこ
  • 2017/07/05 (Wed) 22:16:44
●「クラスおてんば日記」(第1集)
1958年7月30日・きんらん社刊・150円・本文96ページ
(収録作品)
「第1話・ハムにハムとはねぇ!!の巻」(今村洋子)
「第2話・なわ抜け奇術の巻」
「第3話・上には上の巻」
「第4話・大仏先生の巻」
「第5話・脱線放送の巻」
「第6話・人工衛星の巻」
「第7話・河童和尚の巻」
「第8話・トンちゃん名演説の巻」
「第9話・カメと西郷さんの巻」
「第10話・赤胴でぶの助の巻」

第1集・第2集は、今村洋子が「少女」に連載した作品で、読者からの便りを基にして描いている。第3集から、複数作者が各話を描くアンソロジー誌となる。

貸本アンソロジー誌(8)-5

  • ごろねこ
  • 2017/07/06 (Thu) 22:10:53
●「青春」№32
1967年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『我らともだち』(下元克巳)青春群像№10
『歪んだひびき』(あおい章太)人間劇場
『キリスト』(三智伸太郎)純情な二人の恋キューピット
(カバー)下元克巳

貸本アンソロジー誌(8)-6

  • ごろねこ
  • 2017/07/07 (Fri) 23:15:07
●「青春」№33
1967年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『五里くんと子守唄』(下元克巳)青春群像№11
『河童が愛を捜していた』(三智伸太郎)人間劇場
『かわいそうな彼』(五十嵐幸吉)
『白ンボ黒ンボ』(あさひ昇)1ページ(6コマ)まんが
「らくがきコーナー」(辰巳ヨシヒロ)絵と文
(カバー・目次カット)下元克巳

貸本アンソロジー誌(8)-7

  • ごろねこ
  • 2017/07/08 (Sat) 22:19:06
●「ゴリラマガジン」40号特別記念号
1965年・さいとうプロ刊・220円・本文144ページ
(収録作品)
『山男よくきーけよ(前篇)』(さいとうプロ・オールメンバー=さいとう・たかを、武本サブロー、石川フミヤス。さいとうゆずる、甲良よしあき、山田節子)
『40号記念懸賞付クイズ(まんが)』(出題者さいとう・たかを)
(表紙)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(8)-8

  • ごろねこ
  • 2017/07/09 (Sun) 22:05:34
●「ゴリラマガジン」№41
1965年・さいとうプロ刊・220円・本文144ページ+4ページ
(収録作品)
『山男よくきーけよ(后篇)』(さいとうプロ・オールメンバー=さいとう・たかを、武本サブロー、石川フミヤス。さいとうゆずる、甲良よしあき、山田節子)
「月刊ジャングル情報」
(表紙)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(8)-9

  • ごろねこ
  • 2017/07/10 (Mon) 22:04:15
●「オッス」50集記念号
1965年・日の丸文庫刊・220円・本文140ページ
(収録作品)
『おいらの名前は車が3つ』(水島新司)
『あっちとこっちの物語』(五十嵐幸吉)
『シャクでフケツで気ンなるあいつ』(梅本さちお)
(表紙)木村忠雄(目次)水島新司

貸本アンソロジー誌(8)-10

  • ごろねこ
  • 2017/07/11 (Tue) 22:17:27
●「炎」(6集)
1960年・東光堂刊・150円・本文192ページ
(収録作品)
『どっこい俺が残っているぜ!!』(都島京弥)
『ゆうれい屋敷』(松浦博明)特ダネ記者日記
『ばっか野郎』(平・いつ平)
『地獄の黒幕』(鈴原研一郎)
「漫画講座」(都島京弥)
(表紙)アトリエゼロ(扉・目次)都島京弥

貸本アンソロジー誌(8)-11

  • ごろねこ
  • 2017/07/12 (Wed) 22:12:32
●「大和小伝」創刊号
1963年・さいとうプロ刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『剣法無双(前篇)』(さいとう・たかを)
『開眼』(永島慎二)
『執念』(石川フミヤス)
『討たれ』(いばら・美喜)
(表紙・目次構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(8)-12

  • ごろねこ
  • 2017/07/13 (Thu) 22:09:15
●「こだま」№63
1964年6月号・若木書房刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『夢がみのる時』(矢代まさこ・坂田さちこ原案)
『朝の道で……』(田中美智子)
『お母さんのてがみ』(オオトモヨシヤス)
(表紙)岸田はるみ(扉・目次)矢代まさこ

貸本アンソロジー誌(8)-13

  • ごろねこ
  • 2017/07/14 (Fri) 22:09:09
●「中学生諸君」第3集
1966年・日の丸文庫刊・220円・本文140ページ
(収録作品)
『たちあがれ新聞部』(沼田清)青春の勝利者②
『涙のゴールイン』(一の矢京二)
『プロポーズ作戦』(石田としつぐ)
『雪山に眠る』(石坂けんじ)
(表紙)木村忠雄(目次)西野たつお

貸本アンソロジー誌(8)-14

  • ごろねこ
  • 2017/07/15 (Sat) 22:07:47
●「刑事(デカ)」№43
1965年4月25日・東京トップ社刊・220円・本文144ページ
(収録作品)
『すべってころんで』(さいとう・たかを)
『黒い抵抗』(佐藤よしろう)
『刑事の休日』(影丸譲也)殺人課シリーズ第8話
『若い末路』(南波健二)ブラックホーク・チャレンジシリーズ№1
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(8)-15

  • ごろねこ
  • 2017/07/16 (Sun) 22:09:36
●「ヤングパンチ」(3)SF特集号
1965年・東考社・ホームラン文庫刊・220円・本文128ページ
(収録作品)
『液体生物』(林ヨシノブ)
『虚空の遺産』(林ヨシノブ)
(カバー)いばら美喜

貸本アンソロジー誌(8)-16

  • ごろねこ
  • 2017/07/17 (Mon) 22:04:56
●「群狼」(1)
1966年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『仇』(楠勝平)
『金と心』(江坂のぼる)
『あゝ仇討』(平乃治人)
(表紙)楠勝平

貸本アンソロジー誌(8)-17

  • ごろねこ
  • 2017/07/18 (Tue) 22:20:43
●「ティーン・エージャー」(8)
1960年・曙出版刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『野獣の愛』(川田漫一)
『まゆみの日記』(堀江友子)(7・セーターに落書の巻)4ページ
『野郎!!勝手にしやがれ』(浜田あきら)
「水着ト家庭着」(堀江友子)イラスト
『ラ・メール』(堀江友子)
『若人よ進め』(長谷邦夫)
(目次構成)川田漫一

貸本アンソロジー誌(8)-18

  • ごろねこ
  • 2017/07/19 (Wed) 22:10:54
●「ゴリラマガジン」№44 C-F(CURIOUS FICTION)劇画特集号
1965年・さいとうプロ刊・220円・本文144ページ+4ページ
(収録作品)
『おかあさんどこ?』(さいとう・たかを)
『カマキリ』(石川フミヤス)
『私を愛した影』(甲良よしあき)
『郷愁』(さいとう・ゆずる)
「月刊ジャングル情報」第4号
(表紙)さいとう・たかを(扉)山田節子

貸本アンソロジー誌(8)-19

  • ごろねこ
  • 2017/07/20 (Thu) 22:19:44
●「魔像」84集
1965年・日の丸文庫刊・220円・本文140ページ
(収録作品)
『十二年目の友情』(臣新蔵)
『白虎』(菅本順一)
『戦国無情』(阿部兼士)
(表紙・目次)臣新蔵

貸本アンソロジー誌(8)-20

  • ごろねこ
  • 2017/07/21 (Fri) 22:15:25
●「錆びたナイフ」第3集
1958年8月15日・昌和漫画出版社刊・130円・本文128ページ
(収録作品)
『奴は刑事(デカ)だぜ(前篇)』(大石広計)
『彼は不死身か?』(佐野さかえ)
『死体はやるぞ』(久呂田まさみ)


※「貸本アンソロジー誌」紹介はこれで終わります。いずれ、サイトにページを新設して移したいと思っています。
明日からの紹介企画も、乞うご期待。

貸本アンソロジー誌(7)-1

  • ごろねこ
  • 2017/06/12 (Mon) 22:19:07
●「青春」№35
1967年・ヒロ書房第一文庫刊・300円・本文212ページ
(収録作品)
『初恋宣言』(あおい章太)
『闘い』(田所久詩)
『煙突は2本だった』(三智伸太郎)パンドラの箱シリーズ№6
『雪どけ』(すぎやま明)
『ウフフフッ…』(みやわき心太郎)ハートコレクション№9
「SEISYUN CONOR」№2
(カバー絵)永島慎二(目次カット)もりべまさお

貸本アンソロジー誌(7)-2

  • ごろねこ
  • 2017/06/13 (Tue) 22:16:05
●「青春」№3
1964年頃・第一プロダクション刊・200円・本文128ページ
(収録作品)
『大きなテルテル坊主と』(都島京弥)京弥青春手帳
『青春手品師』(あさひ昇)1ページまんが
『君.』(みやわき心太郎)ハートコレクション№1
『その顔』(辰巳ヨシヒロ)
(表紙)ありかわ栄一(扉)マイク・浜

貸本アンソロジー誌(7)-3

  • ごろねこ
  • 2017/06/14 (Wed) 22:24:46
●「刑事(デカ)」№31
1963年5月30日・東京トップ社刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『チャンスが血の匂いでやってきた』(さいとう・たかを)
『甘い生活』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その19
『大儲け』(南波健二)
『片腕のヒーロー(前編)』(ありかわ・栄一)ありかわ・栄一劇場
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-4

  • ごろねこ
  • 2017/06/15 (Thu) 22:08:19
●「刑事(デカ)」№32
1963年6月30日・東京トップ社刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『沈む夜』(さいとう・たかを)
『生きる,』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その20
『脱出』(南波健二)
『片腕のヒーロー(后編)』(ありかわ・栄一)ありかわ・栄一劇場第2回
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-5

  • ごろねこ
  • 2017/06/16 (Fri) 22:24:08
●「刑事(デカ)」№33
1963年7月30日・東京トップ社刊・190円・本文144ページ
(収録作品)
『木ぼりの舟』(さいとう・たかを)
『窓(window)』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その21
『ボスの資格』(南波健二)
『松ば杖の少女』(ありかわ・栄一)ありかわ・栄一劇場№3
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-6

  • ごろねこ
  • 2017/06/17 (Sat) 22:16:22
●「ヤングパンチ」創刊号
1965年・東考社・ホームラン文庫刊・220円・本文128ページ
(収録作品)
『でくのぼう君』(影丸譲也)
『悪い奴』(下元克己)悪友シリーズ№4
『殺しの報酬』(杉山かつひろ)ショートショート
『ずらかりは許せねえ』(佐藤まさあき)
(表紙・扉)影丸譲也

貸本アンソロジー誌(7)-7

  • ごろねこ
  • 2017/06/18 (Sun) 22:17:02
●「ゴリラマガジン」20集特別記念号
1963年・さいとうプロ刊・190円・本文144ページ
(収録作品)
『傷だらけの明日』(さいとうプロ製作=さいとう・たかを、武本サブロー、佐々木隆雄、さいとう・ゆずる・甲良・よしあき、永島慎二、石川フミヤス)
「ゴリマガ劇画コレクション№1」(さいとう・たかを)詩とイラスト
「ゴリマガ劇画コレクション№2」(佐々木隆雄)詩とイラスト
「ゴリマガ劇画コレクション№3」(武本サブロー)詩とイラスト
「ゴリマガ劇画コレクション№4」(永島慎二)詩とイラスト
(表紙・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-8

  • ごろねこ
  • 2017/06/19 (Mon) 22:13:31
●「青春」№13
1965年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『ピクニック』(下元克巳)ノッポ&チビシリーズ№3
『娘(むすめ)』(川田漫一)
『新米先生』(辰巳ヨシヒロ)
『ちぇっ!おもしろくねえ』(田代タケル)
(カバー絵・目次)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(7)-9

  • ごろねこ
  • 2017/06/20 (Tue) 22:14:02
●「青春」№14
1965年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『マイ・ザブトンボーイ』(みやわき心太郎)ハート・コレクション№13
「小さな心太郎伝」(みやわき心太郎)1ページ・エッセイまんが
『貝ガラの唄』(辰巳ヨシヒロ)
『下元克己物語』(下元克己)5ページ・エッセイまんが
『三人の街角』(田代タケル)
(カバー絵・目次)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(7)-10

  • ごろねこ
  • 2017/06/21 (Wed) 22:12:45
●「ゴリラマガジン」№18
1963年・さいとうプロ刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『千円札が200枚』(石川フミヤス)リッキーポピーの人間修業
『チャンスは寝て待て』(佐々木隆雄)
『草原に吹いた風』(さいとうゆずる)
「ゴリマガ横丁」№5(担当・山田節子)
『お館(後篇)』(さいとう・たかを)
(表紙・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-11

  • ごろねこ
  • 2017/06/22 (Thu) 22:14:49
●「青春」№21
1966年頃・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『や~なカンジ!』(下元克巳)青春群像(1)
『リングの友情』(丘けい子)
『どたばたガール♡ハント』(田代タケル)ボクらはフーテン劣等生・第4回
とじ込み付録「青春パンチ(第1号)」(水島新司・下元克己・田代タケル他)
『パンチ☆ショートショート・自殺』(ドン・保世)パンチ入選作2ページ
(カバー絵)マイク浜

貸本アンソロジー誌(7)-12

  • ごろねこ
  • 2017/06/23 (Fri) 22:10:25
●「刑事(デカ)」№14
1961年・東京トップ社刊・160円・本文144ページ
(収録作品)
『お兄ちゃんといっしょ』(さいとう・たかを)
『少年の日のけだるい孤独』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その3
『夜の来訪者』(佐藤まさあき)
『つらが消えた』(ありかわ・栄一)
(表紙・扉・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-13

  • ごろねこ
  • 2017/06/24 (Sat) 22:13:26
●「刑事(デカ)」№21
1962年・東京トップ社刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『指された奴』(さいとう・たかを)
『嵐』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その9
『"白い魔魚"(バイセルアニト)』(南波健二)ブラックホーク・チャレンジシリーズ№1
『破壊』(ありかわ・栄一)
(表紙・扉・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-14

  • ごろねこ
  • 2017/06/25 (Sun) 22:19:55
●「ゴリラマガジン」№36
1965年・さいとうプロ刊・220円・本文144ページ
(収録作品)
『雪のベッドで…』(石川フミヤス)
『ボール君おばけ』(さいとうゆずる)かわい子ちゃんマーチ第7話
『足が………』(武本サブロー)レッツゴー・ハイウェイその4
『咬ませ犬』(ありかわ・栄一改め園田光慶)
『ネコあげます』『短編・へんなネコ!』(山田節子)
(表紙構成)さいとう・たかを(目次構成)かじかわすすむ

※「ごろねこ通信」更新しました。次回は8月上旬に更新の予定です。

貸本アンソロジー誌(7)-15

  • ごろねこ
  • 2017/06/26 (Mon) 22:11:54
●「青春」№23
1966年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『男一匹』(下元克巳)青春群像3
「ぼくのこと(文)」「ある日の夢(イラスト)」(下元克巳)
「愛すべき下やん(文)」(あさひ昇)
『ボクらはフーテン優等生』(あさひ昇)
『ちいさな詩(うた)』(峯岸ひろみ)
「青春パンチ」№3(五十嵐幸吉・下元克巳・辰巳ヨシヒロ他)
『一時に待ってるワ』(みやよしみ)パンチ・ショートショート
(カバー)マイク浜(扉)辰巳ヨシヒロ

貸本アンソロジー誌(7)-16

  • ごろねこ
  • 2017/06/27 (Tue) 22:12:02
●「新爆笑ブック」1964年3月号
1964年・東京漫画出版社刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『カックン親父』(滝田ゆう)
『おなじみ…おとぼけギャング』(望月あきら)
『あつかましい奴』(しきはるみ)
『女の子にきをつけろ』(浅丘ルリ)
『さんしょ劇場』(4コマまんが・滝田ゆう5編・読者6編)
『ミス現代っ子』(宇田八郎)
『ニキビくん』(江藤ふみお)
『グットきちゃうおかしな娘ハナ江さん』(小林節江)
(装幀)滝田ゆう

貸本アンソロジー誌(7)-17

  • ごろねこ
  • 2017/06/28 (Wed) 22:11:56
●「刑事(デカ)」№35
1963年10月15日・東京トップ社刊・190円・本文144ページ
(収録作品)
『熱い北風(后編)』(さいとう・たかを)
『雨ン中』(永島慎二)シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その23
『橋』(南波健二)ブラックホーク・チャレンジシリーズ№1
『黒のGAN・マン』(ありかわ・栄一)ありかわ栄一劇場第五話・大西部劇①
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(7)-18

  • ごろねこ
  • 2017/06/29 (Thu) 22:05:00
●「青春」№29
1967年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『五里くん万歳!!』(下元克巳)青春群像№8
『雪夜(ゆきよ)』(三智伸太郎)人間劇場
『反抗』(さいとう民生)
(カバー)下元克巳(扉)マイク浜

貸本アンソロジー誌(7)-19

  • ごろねこ
  • 2017/06/30 (Fri) 22:09:32
●「青春」№19
1966年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『喧嘩と涙とロマンスと』(田代タケル)
『アイ・ラブ・ユー』(辰巳ヨシヒロ)
『丘に立つ家』(丘けい子)
(カバー)マイク浜(目次)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(7)-20

  • ごろねこ
  • 2017/07/01 (Sat) 22:13:50
●「ゴリラマガジン」№25
1964年・さいとうプロ刊・200円・本文144ページ
(収録作品)
『上流』(武本サブロー)
『前奏曲』(さいとうゆずる)
『春の息吹』(石川フミヤス)
『ゴリマガ横丁№8』(担当・さいとうゆずる)
『王将の力只今登場!!』(さいとう・たかを)ボデーガード屋・王将の力シリーズ
(表紙構成)さいとう・たかを(目次レイアウト)かじかわすすむ

お元気ですか?

  • げんない
  • 2017/06/12 (Mon) 06:17:21
私はその後もすこぶる元気です、
左腕の肩の筋を痛めた傷も1年目を迎えてやっと楽に動かされる様になりご近所のへの奉仕活動も活発に出来るようになりました・・・が、

まんが収集は殆ど出来てないの本音、
以前の様に収集欲が湧かなくなりつつなっt来ています、

しかし、地域での「まんが教室」「絵手紙教室」は何とか維持出来ていますのが嬉しい事かなと。

Re: お元気ですか?

  • ごろねこ
  • 2017/06/12 (Mon) 22:17:15
お久しぶりです。
お元気で何よりです。「まんが教室」や「絵手紙教室」を継続されているのはすばらしいですね。楽しそうでもありますし、げんないさんご自身のためにも生徒さんたちのためにも、そういう場は長く続いてほしいですね。

私も元気ですが、なかなか自分の時間が作れずに、まんがや映画を思うように楽しめていません。ただ、今月の上旬で忙しさにも一息つけたので、さっそく古本屋と映画館に行って来ました。古本屋は何と二カ月ぶりです。今週もう一度別の古本屋に行って来てから、「ごろねこ通信」を更新する予定です。『ごろねこ』も来月には作成したいと思っています。
そのときはまたよろしく。

貸本アンソロジー誌(6)-1

  • ごろねこ
  • 2017/05/23 (Tue) 22:15:14
●「ゴリラマガジン」№47(ファンタジー劇画特集号)
1966年・さいとうプロ刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
『青い海』(石川フミヤス)
『春の風』(甲良よしあき)
『忘却の日に』(さいとう・ゆずる)
『無名の詩/白いマント』(さいとう・たかを)
(表紙)さいとう・たかを(扉)山田節子

貸本アンソロジー誌(6)-2

  • ごろねこ
  • 2017/05/24 (Wed) 22:19:04
●「青春」№16
1965年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
「みやわき心太郎特集号」
『雨(THE RAIN)』(みやわき心太郎)(ハートコレクション№14)
「ある日の日記」(水島新司)(絵とエッセイ)
「製作雑記」(みやわき心太郎)(絵とエッセイ)
「みやわき心太郎のこと」(下元克巳)(絵とエッセイ)
『4つの恋』(辰巳ヨシヒロ・あさひ昇)
『ボクらはフーテン劣等生(第2回)悲しい恋の物語』(田代タケル)
(カバー絵・目次)みやわき心太郎

※カバーに「下元克巳」表記があるが、下元のまんが作品は掲載されていない。

貸本アンソロジー誌(6)-3

  • ごろねこ
  • 2017/05/25 (Thu) 22:15:37
●「刑事(デカ)」№7
1961年・東京トップ社刊・150円・本文160ページ
(収録作品)
『お次の方は?(后編)』(さいとう・たかを)(台風五郎シリーズ)
『殺し屋人別帳(第4話)右翼少年』(永島慎二)
『24に賭ける』(ありかわ・栄一)
『挑戦』(コン・太郎)
(装幀)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(6)-4

  • ごろねこ
  • 2017/05/26 (Fri) 22:19:42
●「青春まんがクレージィ無責任」
1964年・文華書房刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『あたまのわるい種族』(長谷邦夫・お宮・ヒモトタロウ)コマまんが集
『ツメエリ君とセーラー服』(ヒモトタロウ)
『いじわるお宮の北風のスリラー』(宮川義道)コマまんが集
「若き日のヒモトタロウとはこんな男だった!!(№3)」(ヒモトタロウ)絵とエッセイ
『(無題)』(いのうえ太一)2コマまんが
『珍説(パロディ)宮本武蔵』(長谷邦夫)
『(無題)』(いのうえ太一・すぎやま明・あいかわ寿美)3ページパノラマまんが
『お宮のコトワザ辞典』(宮川義道)コマまんが集
『ああ美しき君ゆえに』(ゲスト・鈴原研一郎)
『程度の高いマンガ・若いということのブンセキ!!』(宮川義道)エッセイ風まんが

※「まんがクレージィ」の第5号。

貸本アンソロジー誌(6)-5

  • ごろねこ
  • 2017/05/27 (Sat) 22:24:33
●「17才(セブンティーン)」№9
1966年・佐藤プロ刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『ロマンスあげます(最終回)』(楳図かずお)
『青春パレードその3・ゴキブリ』(下元克己)
『紅白ぶたれ合戦(新連載)』(佐藤まさあき)

貸本アンソロジー誌(6)-6

  • ごろねこ
  • 2017/05/28 (Sun) 22:15:17
●「青春」20号
1965年頃・第一プロダクション刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
『ボクらはフーテン劣等生(第3回)女の子なんか大嫌い!!』(田代タケル)
『ある恋の物語』(丘けい子)
「青春パンチ」(サービス号)
『暴走』(下元克巳)
(カバー絵)マイク浜

※「下元克己」は「勝己」時代も含めて「勝巳・克巳」と「己・巳」の表記に揺れがありますが、その都度、原本に忠実な表記にしています。

貸本アンソロジー誌(6)-7

  • ごろねこ
  • 2017/05/29 (Mon) 22:21:25
●「刑事(デカ)」№40
1964年・東京トップ社刊・200円・本文144ページ
(収録作品)
『殺し屋氏の優雅な生活』(さいとう・たかを)
『非行少年』(影丸譲也)殺人課シリーズ第4話
『貧乏なマルタン』(永島慎二)漫画家残酷物語第27話
「刑事40号を祝して」(旭丘光志・いばら美喜・佐藤よしろう・都島京弥・影丸譲也・南波健二・沢田竜二)
(表紙・扉構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(6)-8

  • ごろねこ
  • 2017/05/30 (Tue) 22:17:19
●「青春」№30
1967年・第一プロダクション刊・220円・本文124ページ
(収録作品)
『孤独の狼』(下元克巳)青春群像№9
『狂人山脈』(杉山あきら)
『陸橋の上(はしのうえ)』(戸川ジュン)
『アイドルヶ丘』(三智伸太郎)
(カバー絵)下元克巳

貸本アンソロジー誌(6)-9

  • ごろねこ
  • 2017/05/31 (Wed) 22:22:46
●「こだま」№54(1963年9月号)
1963年・若木書房刊・190円・136ページ
(収録作品)
『だれが』(松尾美保子)
『小さな愛情』(田中美智子)
『雨の精レイン』(矢代まさこ)
(扉・目次)松尾美保子(表紙)岸田はるみ

貸本アンソロジー誌(6)-10

  • ごろねこ
  • 2017/06/01 (Thu) 22:13:22
●「刑事(デカ)」№49
1967年8月25日・東京トップ社刊・220円・本文116ページ
『雨の季節』(永島慎二)(SINJI GEKIGA COLLECTION OP.3)
『とむらいの歌』(宮谷一彦)
『逃げる二人』(みやわき心太郎)(日本チャリンコ銘名伝第2話)
(表紙・目次)永島慎二

貸本アンソロジー誌(6)-11

  • ごろねこ
  • 2017/06/02 (Fri) 23:16:55
●「青春」(創刊号)
1963年・第一プロダクション刊・190円・本文130ページ
(収録作品)
『卒業式』(佐藤まさあき)
『若き芸術家』(あさひ昇)2コマまんが
『悪人志願』(ありかわ栄一)
『裏町の手品師』(あさひ昇)1ページ(8コマ)まんが2編
『青い嵐』(辰巳ヨシヒロ)
「スキーに強くなろう」(講師・辰巳ヨシヒロ・カット・あさひ昇)
(表紙・口絵)マイク・浜

貸本アンソロジー誌(6)-12

  • ごろねこ
  • 2017/06/03 (Sat) 22:14:28
●「新爆笑ブック」13号
1961年・東京漫画出版社刊・160円・本文136ページ
(収録作品)
『カックン親父』(滝田ゆう)
『ゼロくん』(江原伸)
『九ちゃん』(クドーシゲオ)
『スチャラカちゃん』(秋山好文)
『ハナ江さんの夏休み』(小林節江)読者優秀作品
『ザブトン父さん』(大石良平)
『モタモタ一家』(にしなさだお)
『左の正ちゃん』(わちさんぺい)
(カバー・扉・目次)滝田ゆう

貸本アンソロジー誌(6)-13

  • ごろねこ
  • 2017/06/04 (Sun) 22:18:29
●「ゴリラマガジン」別冊ショートショート特集号
1963年頃・さいとうプロ刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
・ゴリラのショートショート(さいとう・たかを)
『日曜日の朝の来訪者』『猟場にて』『町角にて』『記念写真』『MⅠ号完成近し』
・ゴンちゃんのショートショート(石川フミヤス)
『ステキな復讐』『飼い犬』『オ、俺じゃないよ!!』
・ありやんのショートショート(ありかわ・栄一)
『殺し屋大学卒業見込』『落し物』『無題』『愛した時から始まった』
・ゆうちゃんのショートショート(さいとう・ゆずる)
『いつでも二人!!』『ふられた男』『クリスマス』『おさげと小犬と……』『天使の灯…』
・オデコのショートショート(佐々木隆雄)
『西暦2958年』『小さい女』『ズバリ名答』『コワイコワイ ウソのお話』
・もっちゃんのショートショート(武本サブロー)
『血も涙もない男』『雪男現れる!!』『ある肖像画』『海のためいき』
・ケンちゃんのショートショート(南波健二)
『大製造』『値い』
・せっちゃんのショートショート(山田節子)
『かわいそうな高校生』『おつきさん』
・ダンさんのショートショート(永島慎二)
『ハエと情熱』『道ずれ』『完全犯罪』『さんりん車』
(表紙・目次・構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(6)-14

  • ごろねこ
  • 2017/06/05 (Mon) 22:18:00
●「青春」№18
1965年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『あるすれちがい』(丘けい子)
『さすらいの青春』(田代タケル)
『淡雪(あわゆき)』(牧スズカ)
(カバー・目次カット)マイク・浜

貸本アンソロジー誌(6)-15

  • ごろねこ
  • 2017/06/06 (Tue) 22:17:16
●「刑事(デカ)」№37
1964年1月30日・東京トップ社刊・190円・本文144ページ
(収録作品)
『ホンコンサブの死(前篇)』(さいとう・たかを)
『霧の日に……』(沢田竜二)
『蕩児の帰宅』(永島慎二)漫画家残酷物語第25話
『護送』(影丸譲也)
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(6)-16

  • ごろねこ
  • 2017/06/07 (Wed) 22:23:43
●「青春」№8
1964年・第一プロダクション刊・200円・本文132ページ
(収録作品)
『ヨーさん』(平松ヨシヒロ)2コマまんが
『ごきげんななめ』(みやわき心太郎)ハートコレクション7
『どんぶり親子』(あさひ昇)1ページまんが
『おいらはミソッカス』(田代タケル)
『男ならやってみろ』(都島京弥)京弥青春手帳
『たそがれ』(辰巳ヨシヒロ)
(カバー絵・目次)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(6)-17

  • ごろねこ
  • 2017/06/08 (Thu) 22:13:26
●「ヤングビート」№6
1967年・佐藤プロ刊・220円・本文124ページ
(収録作品)
『老いぼれ犬』(ありかわ栄一)
『家を売るとき』(T.ながさわ)
『893(YAKUZA)』(下元克己)
(目次カット)みね・武

貸本アンソロジー誌(6)-18

  • ごろねこ
  • 2017/06/09 (Fri) 22:29:24
●「刑事(デカ)」№48
1966年5月10日・東京トップ社刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『山村家の人々』(影丸譲也)(殺人課シリーズより小さな小さな物語)
『箱師成金の三平』(みやわき心太郎)(日本掏摸〈チャリンコ〉銘名伝第1話)
『夏の日の恋』(橘時彦)(シリーズひとりぼっち第2話)
「新・劇画考(第1回)」(明治大学漫画研究会)
『さよならタンチョウ鶴』(みやはら・啓一)(みやはら啓一フィクション劇場その②)
『絶望』(いばら・美喜)
(表紙・目次)影丸譲也

貸本アンソロジー誌(6)-19

  • ごろねこ
  • 2017/06/10 (Sat) 22:23:29
●「黒猫別冊」第27号
1961年・つばめ出版刊・150円・本文144ページ
(収録作品)
『出来そこないの野郎共』(さいとう・たかを)
『雷死す』(旭丘光志)MJQと呼ばれる男№1
『バカな奴』(福田三省)
『拳銃の報酬』(津野明朗)
(表紙・扉・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(6)-20

  • ごろねこ
  • 2017/06/11 (Sun) 22:15:13
●「影 別冊」(さいとう・たかを特集)
1961年1月20日・日の丸文庫刊・150円・本文196ページ
(収録作品)
『探し出した奴』(さいとう・たかを)探偵屋オドリバッタとび出す・第4話
『ばかやろう』(石川フミヤス)
『去り行く人』(山本まさはる)
(表紙)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-1

  • ごろねこ
  • 2017/05/03 (Wed) 22:47:22
●「刑事(デカ)」№11
1961年・東京トップ社刊・150円・本文144ページ
(収録作品)
『曲り角の二人』(さいとう・たかを)
『悪魔が天使の心を持った時』(永島慎二)(殺し屋人別帳⑦)
『とにかく殺し屋って野郎!!』(南波健二)
『アルバイト』(ありかわ・栄一)
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-2

  • ごろねこ
  • 2017/05/04 (Thu) 22:21:06
●「ヤングビート」№5
1967年・佐藤プロ刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
「新年のあいさつ」(佐藤まさあき・南波健二・下元克巳・ありかわ栄一・松森正・ふじ雅樹・みね武・緒方恭二)
『目(め)』(ありかわ栄一)
『チンピラ』(下元克巳)
『夜霧のハイウェイ』(松森正)
『落日』(佐藤まさあき)

貸本アンソロジー誌(5)-3

  • ごろねこ
  • 2017/05/05 (Fri) 22:17:11
●「青春」№22
1966年頃・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『モテる奴』(下元克巳)(青春群像②)
『ラブレター狂詩曲(ラプソディー)』(丘けい子)
『ニグロのサミー』(田代タケル)
とじ込み付録「青春パンチ」(辰巳ヨシヒロ他)
『パンチ☆ショートショート・死相』(小田宣男)パンチ入選作2ページ

貸本アンソロジー誌(5)-4

  • ごろねこ
  • 2017/05/06 (Sat) 22:17:14
●「刑事(デカ)」№44
1965年6月25日・東京トップ社刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『俺はトップ屋』(さいとう・たかを)
「特集・永島慎二のひとりの小さな世界」
『SCRAP,あるばむ』(永島慎二)(写真と日記)
『ステッキ親子』(永島慎二)
『悲傷』(もり・まさき)
『非小説・白菊』(永島慎二)絵と文
『永島慎二のおしゃれを演出する』(UTAO DAN)絵と文
『私の好きな詩』(立原道造・佐藤英之)(絵・永島慎二)
『うそ』(畠大輔)
『詩人永島さん』(大貫信夫)エッセイ
『マルマル食堂の午後』(永島慎二)
『ポエムへの憧憬』(新開進)(永島慎二に関する小論)
『芭蕉にかける』(峠あかね)(児童漫画論)
『SHINJIにかんする小メモ・後記』(永島慎二)絵と文
(表紙・目次構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-5

  • ごろねこ
  • 2017/05/07 (Sun) 22:21:25
●「ゴリラマガジン」№37(ほらふき劇画特集号)
1965年・さいとうプロ刊・220円・本文144ページ
(収録作品)
『あほらしい話』(さいとう・たかを)
『けはえぐすり』(さいとうゆずる)
『鉄ごうし』(ありかわ栄一改め園田光慶)
『ゴリラマガジン特別企画・TVガイド・チャンネル0への招待』(武本サブロー)
『チャンピオン回顧録』(都島京弥)
(表紙)さいとう・たかを(目次構成)武本サブロー

貸本アンソロジー誌(5)-6

  • ごろねこ
  • 2017/05/08 (Mon) 22:21:42
●「風車」№41(1965年5月号)
1965年・若木書房刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
『アミーの雨傘』(矢代まさこ)
『となりのポポちゃん』(クドーシゲオ)
『シロ』(福島史朗)
(表紙)岸田はるみ(扉・目次)矢代まさこ

貸本アンソロジー誌(5)-7

  • ごろねこ
  • 2017/05/09 (Tue) 22:21:30
●「新爆笑ブック」(16)
1961年・東京漫画出版社刊・160円・本文136ページ
(収録作品)
『カックン親父』(滝田ゆう)
『どん太くん』(山本富男)
『私は玉ちゃん』(小林節江)
『おなじみ!おとぼけギャング』(望月あきら)
『でかちび珍兄弟』(クドーシゲオ)
『シャックリ先生』(にしなさだお)
『ゼロくん』(江原伸)
(装幀)滝田ゆう

貸本アンソロジー誌(5)-8

  • ごろねこ
  • 2017/05/10 (Wed) 22:18:49
●「青春」№15
1965年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『かわいい兄貴』(下元克巳)(のっぽ&ちび№4)
『たそがれの丘』(星川てっぷ)
『愛すればこそ』(辰巳ヨシヒロ)
『ボクらはフーテン劣等生』(田代タケル)(第1回)
(カバー絵・目次)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(5)-9

  • ごろねこ
  • 2017/05/11 (Thu) 22:18:26
●「モーゼル96」№5
1962年・セントラル文庫刊・170円・本文136ページ
(収録作品)
『鉛色の恐怖』(佐藤まさあき)
『白い花粉』(菅まさひこ)
『汚職への招待(完結編)』(高橋まさゆき)(探り屋 東京三四郎 無頼シリーズ)

貸本アンソロジー誌(5)-10

  • ごろねこ
  • 2017/05/12 (Fri) 22:37:40
●「学園」№5
1966年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『ガラスの花』(峯岸ひろみ)
『知らなかったの』(小原幸子)
「第一回新人少女まんが入選発表」
『ヤスコちゃん』(あさひ昇)1ページ
『光る海』(丘けい子)
(カバー・扉絵)丘けい子

貸本アンソロジー誌(5)-11

  • ごろねこ
  • 2017/05/13 (Sat) 22:24:21
●「フレッシュ」№2
1964年・東考社ホームラン文庫刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『かっこいい奴』(下元勝己)(第二回)
『二人の青春』(さの三雄)
(カバー)下元勝己

貸本アンソロジー誌(5)-12

  • ごろねこ
  • 2017/05/14 (Sun) 22:11:57
●「刑事(デカ)」№23
1962年・東京トップ社刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『歪んだ巷(後篇)』(さいとう・たかを)
『心(こころ)』(永島慎二)(シリーズ黄色い涙・漫画家残酷物語その11・春夏秋冬エピローグ冬の章)
『生還』(南波健二)(ブラックホーク・チャレンジシリーズ№3)
『こどく(孤独)(前篇)』(ありかわ・栄一)
(表紙・扉構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-13

  • ごろねこ
  • 2017/05/15 (Mon) 22:18:17
●「ゴリラマガジン」№32(時代劇特集号)
1964年・さいとうプロ刊・200円・本文144ページ
(収録作品)
『助勢』(さいとう・たかを)
『やまぶき』(山田節子)
『橋』(武本サブロー)
「ゴリマガ横丁」№12(さいとうゆずる)6ページ
『人花火』(いばら・美喜)
(表紙・目次構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-14

  • ごろねこ
  • 2017/05/16 (Tue) 22:08:34
●「オッス」(33集)
1963年・日の丸文庫刊・190円・本文148ページ
(収録作品)
『今週のオッス君・目撃者アリ』(山本まさはる)
『太平洋ド真ん中』(沼田清)
『太一とヒヨコと晴美ちゃん』(みやはら啓一)
(表紙)木村忠雄(目次)山本まさはる

貸本アンソロジー誌(5)-15

  • ごろねこ
  • 2017/05/17 (Wed) 22:23:08
●「青春」№ 4
1964年・第一プロダクション刊・200円・本文128ページ
(収録作品)
『かくれんぼ』(都島京弥)(京弥青春手帖②)
『谷啓のガチョン社員・シャックリの巻』(あさひ昇)
『若者の道』(K・元美津)
『オタンコナスのイカレポンチのウスラトンカチ』(みやわき心太郎)(ハートコレクション・その3)
(表紙・扉)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(5)-16

  • ごろねこ
  • 2017/05/18 (Thu) 22:31:48
●「別冊 影」(さいとう・たかを特集)
1961年4月25日・日の丸文庫刊・150円・本文188ページ
(収録作品)
『巨人の里』(さいとう・たかを)
『雨の街』(梅もと・さち雄)
『死の十字路』(K・元美津)
(表紙)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-17

  • ごろねこ
  • 2017/05/19 (Fri) 22:13:29
●「青春」№27
1966年頃・第一プロダクション刊・220円・本文124ページ
(収録作品)
『青春の怒り』(下元克巳)(青春群像6)
『暴力学校』(田代タケル)
(カバー)下元克巳(目次カット)いのうえ太一

貸本アンソロジー誌(5)-18

  • ごろねこ
  • 2017/05/20 (Sat) 22:25:13
●「風車」№59(1966年11月号)(オオトモヨシヤス長編特集号)
1966年・若木書房刊・220円・本文128ページ
(収録作品)
『マリちゃんのまんが家弟子入り』(オオトモヨシヤス)
『お嬢さん』(渚かよ子)
(表紙)岸田はるみ(扉・目次)オオトモヨシヤス

貸本アンソロジー誌(5)-19

  • ごろねこ
  • 2017/05/21 (Sun) 22:16:12
●「刑事(デカ)」№25
1962年10月31日・東京トップ社刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『オ狐作戦』(さいとう・たかを)
『漫画家とその弟子』(永島慎二)(漫画家残酷物語第13話)
『沈没船』(南波健二)(チャレンジシリーズ№5)
『老木』(ありかわ・栄一)
(表紙・扉・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(5)-20

  • ごろねこ
  • 2017/05/22 (Mon) 22:15:01
●「新爆笑ブック」(15)
1961年・東京漫画出版社刊・160円・本文136ページ
(収録作品)
『カックン親父』(滝田ゆう)
『九ちゃん』(クドーシゲオ)
『ハナ江さん』(小林節江)
『おとぼけギャング』(望月あきら)
『どん太くん』(山本富男)
『シャックリ先生』(にしなさだお)
『ゼロくん』(江原伸)
(装幀)滝田ゆう

貸本アンソロジー誌(4)-1

  • ごろねこ
  • 2017/04/13 (Thu) 22:17:02
●「花」第21集
1960年・わかば書房刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『愛のともしび』(第2回)(田中美智子)
『しらべは哀し』(浦きよみ)
『カンナちゃんの思い出』(竹村かおる)
『ふるさとのあかいゆうやけ』(黒沢美樹)
(表紙装丁・扉・目次)福田隆義

貸本アンソロジー誌(4)-2

  • ごろねこ
  • 2017/04/14 (Fri) 22:21:54
●「SFマガジン」№2
1965年頃・東考社刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
『長い年月』(関一彦)
『さいはての星(第1回)地球療法』(関一彦)
『ポケットの中の星』(関一彦)

※関一彦の個人短編集

貸本アンソロジー誌(4)-3

  • ごろねこ
  • 2017/04/15 (Sat) 22:15:28
●「点線(顔別冊)」№10
1960年・エンゼル文庫刊・150円・本文160ページ
(収録作品)
『死刑執行人』(佐藤まさあき)
『非情の罪』(村山一夫)
『乗客と狂女』(柏原慎太郎)文と絵
『地獄から来た天使』(鬼堂譲二)
『ハジキのガンさん』(いとう芳明)

貸本アンソロジー誌(4)-4

  • ごろねこ
  • 2017/04/16 (Sun) 22:21:58
●「風車」№6
1962年・若木書房刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『マミちゃんあそんでくれてるの』(星城朗二)
『ノッコ夢の物語/30まいのチョコレート!!』(竹本みつる)
『さいこうにしあわせよ』(林栄子)
『スリラーねこ』(巴里夫)
(表紙)岸田はるみ(扉・目次)星城朗二

貸本アンソロジー誌(4)-5

  • ごろねこ
  • 2017/04/17 (Mon) 22:23:48
●「オール怪談」№37
1962年頃・ひばり書房刊・170円・本文136ページ
(収録作品)
『おじいさんの木』(いばら美喜)
『だるま』(北風三平)
『目のない顔』(古賀しんさく)
『怪針』(落合二郎)

貸本アンソロジー誌(4)-6

  • ごろねこ
  • 2017/04/18 (Tue) 22:20:26
●「新爆笑ブック」1962年7月号
1962年・東京漫画出版社刊・170円・本文136ページ
(収録作品)
『カックン親父』(滝田ゆう)
『おれは悟空だ!』(永木凡人)
『おなじみ……おとぼけギャング』(望月あきら)
『山いも三太』(にしなさだお)
『ロボット三人組』(泣三平)
『さんしょ劇場』(滝田ゆう・クドーシゲオ)4コマまんが9編
『ハナ江さん』(小林節江)
『九ちゃん』(クドーシゲオ)
(装幀)滝田ゆう

貸本アンソロジー誌(4)-7

  • ごろねこ
  • 2017/04/19 (Wed) 22:25:30
●「風船」№3(1964年12月号)
1964年・若木書房刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『すてきなパパとママ』(こだまつぎよし)
『アルバイトまりちゃん』(まりちゃんのおてんば日記)(大友ヨシヤス)
『チビママ』(角田まさこ)
(表紙)岸田はるみ(扉・目次)こだまつぎよし

※背表紙に「矢代まさこ」表記があるが、矢代作品は収録されていない。

貸本アンソロジー誌(4)-8

  • ごろねこ
  • 2017/04/20 (Thu) 22:14:08
●「魔像別冊/どすぐろい剣豪」
1962年頃・日の丸文庫刊・170円・本文148ページ
(収録作品)
『どすぐろい剣豪』(蟇新二郎青雲剣・第二話)(岩井しげお)
『のっそりと見参』(山本まさはる)

貸本アンソロジー誌(4)-9

  • ごろねこ
  • 2017/04/21 (Fri) 22:27:02
●「女学生自身」№14
1966年頃・ヒロ書房第一文庫刊・220円・本文120ページ
(収録作品)
『銀色の朝』(丘けい子)
『青い空の下』(菊池恵美子)第1回第一まんが杯受賞作品
『ミニミニ物語』(藤しずえ)
(カバー・目次カット)峯岸ひろみ

貸本アンソロジー誌(4)-10

  • ごろねこ
  • 2017/04/22 (Sat) 22:16:02
●「忍法秘話」(22)無風伝・第三回『野兎斬り』
1965年・青林堂刊・250円・本文136ページ
(収録作品)
『野兎斬り③』(白土三平・赤目プロ作品)
『新釈武士道』(加治一生)
『蕎麦の怨(前編)』(平乃治人・プロぺんだこ作品)
『壺』(にしむら・しんいち)

貸本アンソロジー誌(4)-11

  • ごろねこ
  • 2017/04/23 (Sun) 22:17:49
●「ガールガール・ミステリー」№2
1965年頃・さいとうプロ刊・220円・本文144ページ
(収録作品)
『ヒッチ・ハイク』(山田節子)
『狂犬』(さいとうゆずる)

※山田・さいとうの二人集。少女探偵ミッチとユキのシリーズ。
所長の作画・さいとう・たかを(特別ゲスト)。

貸本アンソロジー誌(4)-12

  • ごろねこ
  • 2017/04/24 (Mon) 22:25:11
●「別冊青春」№5
1966年頃・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『花嫁どろぼう』(田代タケル)
『あいつ』(風見一平)
『夢ならサメないで』(さいとう民生)
(カバー絵)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(4)-13

  • ごろねこ
  • 2017/04/25 (Tue) 22:19:45
●「星」(24号)
1960年11月15日・きんらん社刊・150円・本文168ページ
(収録作品)
『海の宝石(世界にかける虹/ギリシャ篇)』(鈴原研一郎)
『アコちゃんのえがお』(西沢まもる)
『赤いボート』(森安直哉)
『絵美子』(大鹿ひであき)
(表紙)佐藤昌彦(扉・目次)古川正俊

貸本アンソロジー誌(4)-14

  • ごろねこ
  • 2017/04/26 (Wed) 22:22:57
●「現代傑作漫画選集」第2集
1959年5月15日・きんらん社刊・150円・本文96ページ
(収録作品)
『下町のみーちゃん』(杉浦幸雄)(明星連載)
『若き日の猿飛くん』(松下井知夫)(週刊女性連載)
『貴女の手帖』(塩田英二郎)(平凡連載)
『ベビーギャング』(岡部冬彦)(漫画読本連載)

※画像はカバーなしの状態です。

貸本アンソロジー誌(4)-15

  • ごろねこ
  • 2017/04/27 (Thu) 22:23:55
●「非常線」第1集
1958年6月15日・あかしや書房刊・150円・本文96ページ
(収録作品)
探偵シリーズ刑事物語
『容疑者』(都島京弥)(花村賢二シリーズ)

※第1集は長編作品1編のみ収録。
全5集で、第3集が短編アンソロジーになっているとのこと。

貸本アンソロジー誌(4)-16

  • ごろねこ
  • 2017/04/28 (Fri) 22:28:23
●「ゴリラマガジン別冊/M・Gシリーズ」第2集
1963年頃・さいとうプロ刊・190円・本文144ページ
(収録作品)
『ブタ野郎行進曲(マーチ)』(武本サブロー)
『素敵なエンコ』(石川フミヤス)

※武本・石川の二人集。ダニーとブルさんという主人公を毎号交替して描く。

貸本アンソロジー誌(4)-17

  • ごろねこ
  • 2017/04/29 (Sat) 22:15:08
●「天下無双」創刊号
1960年・金園社刊・150円・本文216ページ
(収録作品)
『斬る事』(さいとう・たかを)
『武士に義理と意地あり候』(ありかわ栄一)
『剣豪迷勝負伝』(岩木緑水・構成)絵と文。
『情の金子』(石川フミヤス)
『非情忍者兄弟』(若木みのる)
『夜開く花』(桜井昌一)
『悲願血笑鬼』(久呂田まさみ)
『乱刃』(岩井しげお)

貸本アンソロジー誌(4)-18

  • ごろねこ
  • 2017/04/30 (Sun) 22:15:25
●「青春DELUXE」(1)
1967年・ヒロ書房第一文庫刊・300円・本文228ページ
(収録作品)
『モン吉の愛』(三智伸太郎)(純愛コレクション№3)
『愛の机』(辰巳ヨシヒロ)
『かわいい兄貴』(下元克巳)
『フーテン劣等生・悲しい恋の物語』(田代タケル)
『雨(THE RAIN)』(みやわき心太郎)(ハート・コレクション№14)
(カバー絵)永島慎二(目次カット)あさひ昇

※「青春」の傑作再録誌。

貸本アンソロジー誌(4)-19

  • ごろねこ
  • 2017/05/01 (Mon) 22:18:48
●「青春DELUXE」(2)
1967年・ヒロ書房第一文庫刊・300円・本文228ページ
(収録作品)
『どぶ川』(三智伸太郎)(純愛コレクション№6)
『あけぼの』(あおい章太)(青春の姿勢<1>)
『ピクニック』(下元克巳)(ノッポ&チビ・シリーズ№3)
『真っ向う勝負』(すぎやま明)
『私の愛するおばかさん』(みやわき心太郎)(ハート・コレクション№9)
(カバー絵)永島慎二(扉カット)辰巳ヨシヒロ

貸本アンソロジー誌(4)-20

  • ごろねこ
  • 2017/05/02 (Tue) 22:17:53
●「黒猫別冊 西部劇特集」
1961年・つばめ出版刊・150円・本文144ページ
(収録作品)
『血煙の中に来た男』(さいとう・たかを)
『拳銃使い/ガン・ファイター』(佃龍二)
『早射ち稼業』(江波譲二)
(表紙)さいとう・たかを

★「ごろねこ通信」更新しました。

貸本アンソロジー誌(3)-1

  • ごろねこ
  • 2017/03/24 (Fri) 22:19:51
●「刑事(デカ)」39号
1964年6月13日・東京トップ社刊・200円・本文144ページ
(収録作品)
『砂を咬む男』(さいとう・たかを)
『刑事(デカ)』(旭丘光志)
『その背景』(石森章太郎・スタジオ0作品)
『電話が鳴る時……』(殺人課シリーズ②)(影丸譲也)(制作助手・久保みのる)
(表紙・扉)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(3)-2

  • ごろねこ
  • 2017/03/25 (Sat) 22:24:24
●「青春」No.12
1965年・第一プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『あいつ』(ハート・コレクション№12)(みやわき心太郎)
『いやぁ~な奴』(ノッポあんどチビシリーズ№2)(下元克巳)
『秀才教室』(辰巳ヨシヒロ)
(カバー絵・カット)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(3)-3

  • ごろねこ
  • 2017/03/26 (Sun) 22:21:19
●「影」113号(本格ミステリ=特集号)
1966年・大阪日の丸文庫刊・300円・本文244ページ
(収録作品)
『開けよさらば…』(篠原とおる)
『翼ー(つばさ)ー』(沼田清)
『脅迫状』(間二郎探偵シリーズその1)(臣新蔵)
『元旦の朝に』(K・元美津)
(表紙)木村忠雄

貸本アンソロジー誌(3)-4

  • ごろねこ
  • 2017/03/27 (Mon) 22:25:01
●「ヤングパンチ」第2号
1967年・東考社・ホームラン文庫刊・220円・本文134ページ
(収録作品)
『悪人X 第2話 おれのカネだ!!』(畠大輔)
『ごくろうさん』(長瀬一)4コマまんが2編
『裏切りへの招待』(砂樹はじめ)
『悪人X 第3話 上には上…』(畠大輔)

※(2)-8の「ヤングパンチ」が後に復刊したものです。

貸本アンソロジー誌(3)-5

  • ごろねこ
  • 2017/03/28 (Tue) 22:24:05
●「顔」33号
1961年・エンゼル文庫刊・160円・本文160ページ
(収録作品)
『罠をかけろ』(独眼探偵・第7話)(横山まさみち)
『平原に来た男』(鬼童譲二)
『殺し屋無情』(高橋まさゆき)
『黒い狩人』(はやし・まさゆき)

貸本アンソロジー誌(3)-6

  • ごろねこ
  • 2017/03/29 (Wed) 22:19:24
●「ゴリラマガジン」No.11
1962年・さいとうプロ刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『霧にやさしいオトコ達』(かかしの漢シリーズ5)(武本サブロー)
『試合終了』(佐々木隆雄)
『きず』(人間劇場・第5回)(永島慎二)
『古い花束』(拳銃に魅せられた男達・その6)(さいとう・たかを)
(表紙・目次構成)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(3)-7

  • ごろねこ
  • 2017/03/30 (Thu) 22:25:46
●「怪奇マガジン」創刊号
1966年・東考社・ホームラン文庫刊・220円・本文128ページ
(収録作品)
『底なし沼』(いばら美喜)絵物語・3色カラー
『金星第2探検隊』(関一彦)
『ジェラシー』(甲斐健二)
『血の恐怖』(無記名)絵と文
『鬼』(桜井昌一)

貸本アンソロジー誌(3)-8

  • ごろねこ
  • 2017/03/31 (Fri) 22:22:50
●「ユーモア劇場」2号
1960年3月23日・曙出版刊・150円・本文180ページ
(収録作品)
『大学のお兄ちゃん』(高井研一郎)
『浅草のりちゃん』(根岸こみち)
『そそっか君(夢・学力テスト)』(赤木陽介)
『ヤマイモ君(玉ねぎ事件の巻)』(木下としお)
『鉄砲君上京す』(渡辺広光)
『すべり台』(赤木陽介)4コマ
『ステテコぼくちゃん(毛はえ薬の巻・せいせき発表の巻・あきれたつみくさの巻』(野呂新平)
『とらちゃん』(白路徹)
『キー坊ちゃん』(神戸重司)
『ガンがラガン公(その1)』(西村英夫)
『デコボコおやじ(初年兵の巻)』(斎藤くにお)
(装丁)太田じろう(扉・目次)高井研一郎

貸本アンソロジー誌(3)-9

  • ごろねこ
  • 2017/04/01 (Sat) 22:19:19
●「怪談」第78集
1966年頃・つばめ出版刊・220円・本文136ぺージ
(収録作品)
『健啖家』(古賀しんさく)
『まぼろしの群盗』(今昔物語より)(小島剛夕)
『地下室』(サツキ貫太)
『俺達の城』(刑事・沼京介駈出しシリーズ第1回)(浜慎二)

貸本アンソロジー誌(3)-10

  • ごろねこ
  • 2017/04/02 (Sun) 22:27:54
●「街」30号記念特別版
1959年・セントラル出版社刊・150円・本文228ページ
(収録作品)
『夜を歩く』(辰巳ヨシヒロ)
『のこぎりとねずみ』(桜井昌一)
『狐の嫁入り』(石川フミヤス)
『皮肉』(鳴海幸保)
『字のないポスター』(池田耕治)
『作られた英雄』(久我久光)
『影の男』(阿部清一)
『猫が見えた時』(荒木伸吾)
『いかす野郎と殺し屋野郎』(台風五郎シリーズ)(さいとう・たかを)
『自首した男』(山森ススム)
(表紙・扉)辰巳ヨシヒロ

※画像はカバーなしの状態です。

貸本アンソロジー誌(3)-11

  • ごろねこ
  • 2017/04/03 (Mon) 22:21:32
●「学園」20号
1967年・ヒロ書房・第一文庫刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
競作4人集
『渓流』(峰岸ひろみ)
『くちづけ』(小原幸子)
『心が愛で満ちた時』(木藤しずえ)
『瀬と淵』(丘けい子)
(カバー)丘けい子、(目次)峰岸ひろみ

貸本アンソロジー誌(3)-12

  • ごろねこ
  • 2017/04/04 (Tue) 22:19:40
●「ヤングビート」No.3
1966年・佐藤プロダクション刊・220円・本文132ページ
(収録作品)
『よわむし』(佐藤まさあき)
『ユミとタツ 絆(きずな)』(村田邦郎)
『欲望』(下元克己)
(目次カット)みね武

貸本アンソロジー誌(3)-13

  • ごろねこ
  • 2017/04/05 (Wed) 22:19:18
●「オッス!!」13集
1962年・日の丸文庫刊・170円・本文164ページ
(収録作品)
『泥沼よりの脱出』(影丸譲也)
『大物釣り』(黒沢正)(コマまんが・2ページ)
『好きだよ加代ちゃん』(山本まさはる)
『オッス君・真犯人』(水島新司)新連載
(表紙)木村忠雄(目次)影丸譲也

貸本アンソロジー誌(3)-14

  • ごろねこ
  • 2017/04/06 (Thu) 22:53:43
●「武芸」№17(忍者推理特集)
1959年頃・文洋社刊・150円・本文180ページ
(収録作品)
『透明忍者』(三日月夜太郎シリーズ)(いなば哲)
『ある忍者の死』(田野稔)
『忍者葛西犬丸』(牧真介)
(表紙・扉)いなば哲

貸本アンソロジー誌(3)-15

  • ごろねこ
  • 2017/04/07 (Fri) 22:17:19
●「まんがクレージィ」№3青春篇
1964年・曙出版刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『クレィジー3人組登場』(ヒモトタロウ・長谷邦夫・宮川義道)
コマまんが(ヒモトタロウ・長谷邦夫)自己紹介(宮川義道)
『弱肉強食』(ヒモトタロウ)
『なんとかの秋』(宮川義道)
『若い頃の話』(ヒモトタロウ・長谷邦夫・宮川義道)エッセイとイラスト
『ツメエリとセーラー服』(ヒモトタロウ)
『ああ17才のこの胸に…』(ふたごよししげ)投稿作品1ページ
『まちぼーけ』(宮川義道)
『全面広告』(ヒモトタロウ)1ページ
『私はスターになりたくない』(長谷邦夫)
(表紙と扉)長谷邦夫

貸本アンソロジー誌(3)-16

  • ごろねこ
  • 2017/04/08 (Sat) 22:22:39
●「別冊ゆめ」№10
1962年・若木書房刊・170円・本文144ページ
(収録作品)
『マヌカン少女』(牧かずま・作、赤松セツ子・画)
『三人姉妹』(森幸子)
『母は悲しく』(弘田ひろみ)
『おねえちゃんおんぶして』(巴里夫)
(表紙)岸田はるみ(扉・目次)赤松セツ子

貸本アンソロジー誌(3)-17

  • ごろねこ
  • 2017/04/09 (Sun) 22:15:58
●「影 別冊 死んだ男が今晩は!!」
1965年・日の丸文庫刊・220円・本文140ページ
(収録作品)
『化物荘物語(最終回)死んだ男がこんばんは!!』(いわねこプロ&金子晴お)
『遺骨』(山上竜彦)
『狂った照準』(高田さだを)
『飛び込んで来たもの』(K・元美津)
(目次)きくち英一

貸本アンソロジー誌(3)-18

  • ごろねこ
  • 2017/04/10 (Mon) 22:22:14
●「さいとう・たかを劇画マガジン」№1
1960年・三洋社刊・150円・本文212ページ
(収録作品)
『遠い顔』(さいとう・たかをプロダクション)
『よせ・描き共!!』(石川フミヤス・辰巳ヨシヒロ・松本正彦・桜井昌一)
『おらがプロ』(さいとう・たかをプロダクション紹介)
『昔あわてて死んだ奴がおったソオナ』(さいとう・たかをプロダクション)
『歯には歯を』(桜井昌一)特別ゲスト作品
『ゴリラ古巣へ行く』(さいとう・たかを)文と絵・写真
『道草』(さいとう・たかを)小説とイラスト
『曇天』(さいとう・たかをプロダクション)

貸本アンソロジー誌(3)-19

  • ごろねこ
  • 2017/04/11 (Tue) 22:16:42
●「モーゼル96」№25
1965年・佐藤プロ刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
『始めての殺人』(ありかわ栄一改め園田光慶)
『前科もの(後篇)』(下元克己)
『まさやんのぷらいばしい』(佐藤まさあき)文と絵2ページ
『長崎で会った女』(佐藤まさあき)
(表紙)園田光慶(目次)みね武

貸本アンソロジー誌(3)-20

  • ごろねこ
  • 2017/04/12 (Wed) 22:29:34
●「青春(街)」(1)
1961年・セントラル出版社刊・150円・本文160ページ
(収録作品)
『恋人同士』(石川フミヤス)
『青春劇場 つむじ風ゴン』(もと・狂二)

※(3)ー2の「青春」(第一プロダクション刊)とは別誌。
おそらく(3)ー10の「街」の別冊と思われる。

貸本アンソロジー誌(2)

  • ごろねこ
  • 2017/03/04 (Sat) 22:22:54
●「謎&怪奇」SF特集No.1
1963年頃・東邦図書出版社刊・190円・本文128ページ
(収録作品)
『ジェット基地の幽霊』(手塚治虫)再録。
『アルキメデス号遭難す!』(岸本修)
『魔法のキノコ』(黒沼健・作/村田一郎・画)小説。
『人間消滅』(馬場秀夫)
『スリルを呼ぶ男/第1話・完全犯罪』(高野よしてる)
・その他イラストと記事(5ページ)

貸本アンソロジー誌(2)-2

  • ごろねこ
  • 2017/03/05 (Sun) 22:30:43
●「Γγガンマ」〔ダイナミック・アクション・デラックス〕創刊特別号
1959年・わかば書房刊・150円・本文184ページ
(収録作品)
『バクハツ寸前』(さいとう・たかを)
『殺人組織』(佐藤まさあき)連載もの。
『第三突堤に死す』(有川栄一)
『俺は死なない』(佃竜二)
『殺し屋を殺れっ』(後恵二郎)
(扉・目次)川崎のぼる

貸本アンソロジー誌(2)-3

  • ごろねこ
  • 2017/03/06 (Mon) 22:29:14
●「弾痕」第3号
1959年頃・セントラル出版社刊・130円・B6判・本文160ページ
(収録作品)
『台風五郎・No.1と云う殺し屋』(さいとう・たかを)
『波止場の嵐』(城たけし)
『顔のない男』(久呂田まさみ)
『拳銃に生きる男』(佐藤まさあき)
『劇画教室』(さいとう・たかを)告知のみ。
(表紙・口絵・扉・目次)さいとう・たかを

貸本アンソロジー誌(2)-4

  • ごろねこ
  • 2017/03/07 (Tue) 22:20:36
●「炎」3集
1959年・東光堂刊・150円・本文200ページ
(収録作品)
『白い眼』(社領系明)
『鷲と鷹』(大竹昌夫)ミサイル短編シリーズ3
『毒殺物語』(手塚治虫)エッセイと絵。(『ハリケーンZ』休載のため。)
『スリラールーム・第三話・地下室』(山口ゆこう)
『風邪を引かないでね』(都島京弥)
『容疑者』(山田順一郎)
『詐欺師』(入江修)
『漫画大学』(入江修)

貸本アンソロジー誌(2)ー5

  • ごろねこ
  • 2017/03/08 (Wed) 22:22:53
●「黒猫」第3集
1956年頃・つばめ出版刊・150円・本文96ページ
(収録作品)
『黒い予言者』(藤咲のぼる)
『二重人格』(福元よしみ)
『白い墓場』(太田康介)
『腕(うで)』(雨沢道夫)

貸本アンソロジー誌(2)-6

  • ごろねこ
  • 2017/03/09 (Thu) 22:28:53
●「こだま」2月号(No.24)
1961年・若木書房刊・150円・本文168ページ
(収録作品)
『あしたお別れ』(田中美智子)
『星のまたたく夜に』(赤松セツ子)
『あんちゃん』(鳥海やすと)
『明日のしあわせ』(木内千鶴子)
『こだまよ消えることなく』(巴里夫)
(表紙・扉)岸田はるみ(目次)白丘ルイジ

貸本アンソロジー誌(2)ー7

  • ごろねこ
  • 2017/03/10 (Fri) 22:23:47
●「爆笑ブック」第3号
1959年・東京漫画出版社刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『カックン親父(子供は苦手の巻・ある日の午后のことだったの巻)』(滝田ゆう)
『のんすけ君』(武内つなよし)
『わんぱく若殿(お風呂と金魚鉢・道場破り)』(片岡敏夫)
『おらあ弟子だ(第2回)』(クドーシゲオ)
『おきゅうのきゝめ』(弓田うさ)
『イカレポンチ君(すべりこみ・釣られた話)』(石切太郎)
『スリラーギャグ左まき強盗』(望月あきら)
『ボクはねゼロくん(第三回)』(ささきせいし)
『ちんちろ兵衛』(滝田ゆう)
『トンカチ一家(トンチンカン騒動の巻)』(にしなさだお)
(装丁)滝田ゆう

貸本アンソロジー誌(2)ー8

  • ごろねこ
  • 2017/03/11 (Sat) 22:29:48
●「ヤングパンチ」2号
1965年・東考社・ホームラン文庫刊・220円・本文128ページ
(収録作品)
『でくのぼう君・海へ行く』(影丸譲也)(製作助手・大山学)
『受けて立つ男・竜鉄也シリーズ2』(関一彦)
『わるい奴ら』(いずみやしげる)
『ある雨の日に』(いばら美喜)
(表紙・扉)影丸譲也

貸本アンソロジー誌(2)ー9

  • ごろねこ
  • 2017/03/12 (Sun) 22:23:09
●「別冊 HIGH SPEED(ハイスピード)」西部アウトロー列伝特集
1962年・三洋社刊・170円・本文136ページ
(収録作品)
『ダルトン兄弟/なぐり込み一家』(永島慎二)
『ジェシィ・ジェームズ/鉛の肖像』(佃竜二)
『ビリー・ザ・キッド/孤独な悪魔』(佐藤まさあき)
フォート・コーナー(6ページ)
(表紙装丁)川崎のぼる
(扉・目次・後記イラスト)永島慎二

貸本アンソロジー誌(2)ー10

  • ごろねこ
  • 2017/03/13 (Mon) 22:16:00
●「0(ゼロ)番街」(1)
1960年頃・めばえ書房刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『尾行』(下元勝己)
『殺し谷』(福山万太郎)
『地獄への招待』嵐三郎探偵シリーズ(泉ゆき雄)
※画像はカバーなしの状態です。

貸本アンソロジー誌(2)ー11

  • ごろねこ
  • 2017/03/14 (Tue) 22:19:07
●『17才(セブンティーン)』No.7
1965年頃・佐藤プロダクション刊・220円・本文136ページ
(収録作品)
『ガールハント作戦』(佐藤まさあき)
『あ~あ!パッとしない気持ち』(みね武)
『女三人よればかしましい』青春パレードその(2)(下元克己)
(表紙・扉)楳図かずお

貸本アンソロジー誌(2)ー12

  • ごろねこ
  • 2017/03/15 (Wed) 22:31:51
●「ジュニア」①ひまわり号
1959年8月15日・東京漫画出版社刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『赤い空』(星城朗二)+コマまんが(1コマ1編・4コマ2編)
『チャンチキ姉妹(きょうだい)』(滝田ゆう)
『月夜の小鳩』(おだしょうじ)
『死の淵の少女』(山内かつよし)
『ほがらか日記』(保谷よしぞう)
『婦人警官物語・愛を求めて』(望月みさお)
『花と少女』(小山葉子)
(装丁)星城朗二

貸本アンソロジー誌(2)ー13

  • ごろねこ
  • 2017/03/16 (Thu) 22:25:30
●「時代劇ブック」第5巻
1959年12月25日・太平洋文庫刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『怪談百物語/第二話・見えないこびと』(湧井和夫)
『小鼠次郎捕物帳/第一話・白い通り魔』(堀万太郎)
『塔婆左馬之助/第三話・妖剣往来』(利野文俊)
(表紙)南村喬

貸本アンソロジー誌(2)ー14

  • ごろねこ
  • 2017/03/17 (Fri) 22:27:07
●「お笑い教室」第14集
1960年8月20日・きんらん社刊・150円・本文176ページ
(収録作品)
『もん吉くん』(伊東あきお)
『とん平くん』(西田一歩)
『スイッチくん』(藤木てるみ)
『ぼくはセールスマン』(オダカフミオ)
『見えないけれど僕の犬』(よこきけんじ)
『ミスターわんぱく』(岡村のぶひろ)
『ヘンテコくん』(岡村のぶひろ)
『やさしい動物漫画のかきかた』(伊東あきお)
『漫画の国・第8集・長編漫画のかきかた③』(寺田ヒロオ)
(表紙)伊東あきお

貸本アンソロジー誌(2)-15

  • ごろねこ
  • 2017/03/18 (Sat) 22:24:29
●「破"ブレイク"」創刊号
1967年・東京トップ社刊・220円・本文128ページ
(収録作品)
『23年』ハートコレクション№20(母との対話より)(みやわき心太郎)
『蛸』(楠勝平)
『太陽のなかった夏 又はある青春群の中にいた奴』(沼田清)
『公園につづく道』(五十嵐幸吉)
『回転』(下元克己)
『自分の言葉』(みやはら・啓一)
(表紙・目次)みやわき心太郎

貸本アンソロジー誌(2)ー16

  • ごろねこ
  • 2017/03/19 (Sun) 22:25:55
●「フレッシュ」No.1
1964年・東考社・ホームラン文庫刊・200円・本文136ページ
(収録作品)
『かっこいい奴』(下元勝巳)
『青春を賭けて』(原作・桜井昌一、画・構成・さの・三雄)
『未来の世界の物語/①ロボット誕生』(関一彦)
(表紙)下元勝巳

貸本アンソロジー誌(2)ー17

  • ごろねこ
  • 2017/03/20 (Mon) 22:17:40
●「MYSTERY BOOK 夢見る少年」
1964年・東邦図書出版社刊・190円・本文132ページ
(収録作品)
『夢見る少年・第1話』(高野よしてる)
『狂った惑星』(井上英沖)
『夢見る少年・第2話』(高野よしてる)
『ショートショート/恐怖のスタジオ』(高野よしてる)

貸本アンソロジー誌(2)ー18

  • ごろねこ
  • 2017/03/21 (Tue) 22:19:16
●「探偵漫画ブック X(エックス)」2号
1959年8月5日・鈴木出版刊・150円・本文184ページ
(収録作品)
『夜光る蛇』轟名探偵シリーズ(2)(福元一義)
『ブッソウな顔』台風五郎シリーズ(さいとう・たかを)
『ニュー・ボール』(うしおそうじ)
『死者からの電話』(宇田八郎)
『悪魔への報酬』(井上キュージ)
『毒薬の瓶』(鈴原研一郎)
『指令!午前7時』(手塚治虫)
(表紙)湯川久雄
※画像はカバーなしの状態です。

貸本アンソロジー誌(2)ー19

  • ごろねこ
  • 2017/03/22 (Wed) 22:36:08
●「群狼」第2集
1966年頃・第一プロダクション刊・220円・本文140ページ
(収録作品)
『島抜け』(楠勝平)
『逆行(前編)』(平乃治人)
『のぼるのショートショート/赤とんぼ・雨やどり』(江坂のぼる)
(カバー・目次カット)楠勝平

貸本アンソロジー誌(2)ー20

  • ごろねこ
  • 2017/03/23 (Thu) 22:21:27
●「泉」別冊15号(巴里夫特集)
1963年頃・若木書房刊・190円・本文136ページ
(収録作品)
『ほほえむ舞台』(巴里夫)
『テコちゃんの夏休みびっくり日記』(古谷みつとし)
(表紙)江川みさお
(扉・目次)巴里夫